FC2ブログ

2020年もお世話になりました。

2020年も今日が最後、皆様どんな1年でしたでしょうか?年末の大掃除などで忙しい方もいらっしゃると思います。
今年はコロナの渦中まず無事に3周年を送れたこと、去年よりさらに多くの人とのつながりを持てたこと。そして生徒のスキルが大幅に向上してくれたこと。個人的には思う様にいかないことも多く、歯がゆく思いコロナがなければと思うことも多々ありました。東京の生徒さんたちには本当に申し訳ないなと思いながらもオンラインで状況確認しつつゆっくり進んでついて来てくれて感謝しております。海外の仲間たちのなかにはさらに苦しい状況下に置かれてる地域もあり、心配ではありますが徐々に改善していくことを期待しましょう。

さて今年もいろんなチップを紹介してきましたが、最後はコレで締めようと思います。「aug やdim」初中級者の方である程度弾ける様になってくると、たまに見たことないコード名が出てくることがあります。その中でもaug ,dimどちらかというとdimなんかは比較的使用頻度は多いのでなんとなくで弾いている方も多いと思いますが、実はこの2つ確かに頻度は少ないかもですが実は非常に使い勝手の良いコードなので少し掘りたいと思います。
まず両コードの違いから下記構成になります。
aug やdim


aug(オーグメント)
・増5度
・長3度
・ルート音 


dim (ディミニッシュ)
・減5度
・短3度
・ルート音 

この2つのコードですが構成音同士の間隔が、1オクターブの中で3か4で割る構造になっています。
例えば上記Cdimで構成音はC E♭G♭ですがこのまま短3度で積んでいくと1オクターブ1周します。
この点ギターは非常にわかりやすく使いやすいです。
CdimとD#dim(E♭dim)、F#dim(G♭dim)そしてAdimは全て同じということになります。
以前の記事でエンハーモニックについて触れてます詳しくはココ
同じ様にaugにも当てはありましてこちらは長3度で積んでいきます。構成音はC E G# (tritone)
トライトーンと呼ばれる構成になります。(Triは3を表します)
つまりギターで弾くと分かりやすいので2弦の1フレットCからスタートして、続いて5、9、13とまずはオクーターブまで弾いてしてみましょう。構成音が一目瞭然なのがお分かり頂けると思います。
CaugとEaug、そしてG#aug(A♭aug)は全て同じということになります。

そこで効果的な使い方ですが、単独で使うよりもアクセントとして主要コードの進行の間に挟むのがオススメです。
ディミニッシュに関しては以前クリシェラインのパッシングディミニッシュとして紹介したことがありますのでこちらも是非ご参考ください。

オーグメントですぐ思い出したのがone more time ,one more chanceの冒頭G Gaug C Cmという進行で非常にうまく使ってます。ドミナントぽいアプローチですね。Gの5thDからaugの#5(D#)が♭13thの様に働きCに続く感じといいましょうか。

ガツガツと入れるコードではないですがスパイス的に挟むと非常に効果のあるコードですので是非お試しください。
それでは来年もAMRをよろしくお願いいたします。

寒くなってきましたね。

寒くなりましたね。昨日24日は本来であればAMRのLIVE2020ということで心待ちにしていた方も多かったと思います。
ですが...
1024event.jpg

これ見よがしに天気はご覧のように快晴...。(T_T)

IMG_2375.jpg
しかも虹まで...。
IMG_2396.jpg
本当に残念でしたし準備も万端でしたので、生徒さんは勉強や仕事の合間にすごく練習されていて、格段に上手くなってお披露目できたことと思います。BBQも心待ちにしていたことでしょう。
でもこのコロナ渦の中では残念でしたが、中止の判断をせざるをえませんでした。またチャンスを伺いながら企画するので是非それまで練習したことを温めておいてください。

 なので今日は家で練習しかも楽しんでできるように前回のブログの初心者向け12barBlues を題材にしたキーAのturnaroundを紹介したいと思います。turnaround(ターンアラウンド)は1コーラスの進行最後の2小節に使い、このブルースの場合は1-10小節を普通に弾いてもらって、最後の2小節をturnaroundします。曲の先頭に綺麗に受け繋げていくわけですね。具体的には以下の通りです。
Turnaround in A

カリキュラムより紹介できるいいのがあったので抜粋します。上段3段は5種類の簡単なturnaroundエクササイズを用意しました。体型的にミクソリディアンというスケールも同時に覚えておくといいので、是非トライしてみてください。最初のこの5種類のturnaroundで十分楽しめると思います。まだまだたくさんありますのでもしハマったらお声掛けくださいw
注意点としては始まる1伯目の休符をしっかり意識して、3連に乗り遅れないようにしましょう。締めの最後の音2分音符だったり4分音符だったりしますがE7系コードでかっこよく決めましょう。
それでは今回はこの辺で!

お久投稿です !

約10日ちょいぶりの投稿になりました。みなさんお元気でしょうか?寒くなりましたね〜。でもこの時期何と言っても紅葉が綺麗で写真をたくさん撮ったので、一部を載せときます。











そしてあれよあれよとまた一つ歳を重ねました。しかし早いな〜あっという間です。
当日生徒の皆さんと誕生日を祝っていただきましたw
ありがとうございました。美味しい料理に舌鼓!生徒のライブがあったりと楽しい時間を過ごせました。

そして昨日もやはり生徒のライブがあるので、1日空きでまた青森市heart beatへ。「はーとふるスマイルFES」
に参加するうちの須藤くんと、kieRaの参戦を見届けに。二人とも本当に頑張ってて、kieRaに関しては過去最高の出来と言っていいと思うし、須藤くんも慣れないながらも一生懸命頑張った!9月の初ライブから早くも成長を感じ取れたライブでした。関係者皆様ありがとうございました。
今彼のアーティストページを作ってますので完成したらアップします。

kieRa

須藤くんリハ

須藤くん本番


お知らせ!
12/14に「AMR LIVE」が開催されます。今回は生徒の参戦のほか、あふろ、秋田からthe Nebulousが参戦します。
今回はあっという間に希望者数到達いたしましたので、またすぐ近いうちに企画を考えたいと思っております。
場所は前回発表会でも使わせていただきました

食楽酒場802
若葉1丁目5−5アップルハウス2F
となります。青森市からもAMR支部長こと(笑)Ryota Hanada氏参戦です。特濃でいきますので、是非遊びに来て下さい。¥1000 1ドリンク制です。

それでは今日も行ってみましょう!
C△7 // E♭7 //
このラインで短3度の平行移動している進行て意外性ありながらしっくりする進行でよく聴けます。
これを例えば I-7としてみるとE♭△7と共にCのナチュラルマイナーが形成され収ります。マイナーキーだったものを転調により部分的にメジャー系に置き換えることを借用といますがこれに触れてみたいと思います。
例)
I△7 VI-7 IV△7 II-7 V7
C△7 A-7 F△7 D-7 G7
同種単調に変換Cmin
C-7 D-7♭5 E♭△7 F-7 G-7 A♭△7 B♭7

C△7 A♭△7 F-7 D-7♭5 G7
となります。
なんか曲作ってていつもの手グセの進行もちょっと違う風に聞こえますよ。
作曲する上でのヒントになれば幸いです。
それでは〜!

6月末ですね。

早いもんで2019年6月最後です。本当早いですね〜置いてかれます。生徒さんから最近の時事ネタやおもしろネタを頻繁にいただき、かろうじて世の中と繋がっている今日この頃です。
天気がなんともはっきりしない日が続きますが、是非お出かけの際は傘を忘れずに!

今日は前回のチップで少し書いたコード進行を細かくする方法と知っとくと便利なコード進行を書きたいと思います。
その中でも使用頻度が高く使いやすいものをチョイスしてみました。
キーC、進行は1-6-2-5王道進行にしてみます。
C Amin Dmin G

NO.1 II V化
C B-7♭5 E7 Amin E-7♭5 A7  Dmin Amin7 D7 G

NO.2 4度挟み
C E7 Amin A7 Dmin D7 G

もう1つ便利なアプローチはセカンダリードミナント
耳障りの良い進行でよ〜く耳にします。
ドミナントコードは不安定、落ち着かないなど表現されますがV-Iに進みたがる傾向が強いです。。
そこで下記フィギュア用意しましたが暗記しなくても良いです。詳しくは後ほど。
右側がダイアトニックコードです。
キーCです。
G7→CM7 
A7→D-7  
B7→E-7  
C7→FM7 
D7→G7 
E7→A-7 
F#7→B-7♭5
F#7をあえて青にしたのは-7♭5に向かう進行はセカンダリードミナントと解釈しないというのがあります。
しかしながら実際はこの進行聞くことあります。

中でも定番はI7 III7はよく聞きますね。実際弾いてみるとわかるんですがE7(III7)からA-7(VIm)なんて進行は山のようにあります。そしてギターのフレットに置き換えると至極簡単です。みなさんパワーコード押さえますよね?笑

初心者の方も多いと思うので補足しますと、ロック系のリフで多く使われる1度と5度を押さえてかき鳴らすコードですw
例)5弦3フレットCと4弦5フレットGを押さえてCのパワーコードの出来上がり!簡単でしょ?
僕は人差し指と小指で押さえることが多いですが一般的には人差し指1番と薬指3番が多いですね。
気づいた方多いと思いますが次に向かう進行に対してこのパワーコードのフォームが指針になります。
さきほどのNO2の進行がまさにこれです。

薬指7th→人差し指のコード
例)4弦7フレットA(薬指)7th→5弦5フレット人差し指D−7
という感じです。

是非お試しアレ!

6月も半ば

本日はグループレッスンです。お誘い合わせの上ご参加下さい。
6月中旬になってもまだ夜ヒンヤリですね。
暑がりとしてはありがたいんですが、気を抜くと風邪ひきそうになるので、体調管理には気をつけましょう。
そろそろ山に繰り出したい!


それでは本日も行ってみます。

最近コピーした星野源さんの曲のコード進行ですが、アコースティックのバラードで綺麗な曲です。
この曲のアナライズしてみたところ、興味深いラインがあったので紹介します。今では当たり前な進行と流すこともできますが、楽曲制作の生徒の方が増えている手前無視できません。
前半にでてくる
ドミナントマイナー
以前のブログに書いたサブドミナントマイナーと合わせて確認していただくとより理解が深まると思いますよ。
もはやJpopなどでは琴線進行というか「切ない」「キュンとする」進行です。この曲の場合
I II- III- V-7 と続くラインですがこのV-7がまさにそれです。
自分の好きなキーで構いませんので上記ダイアトニックに当てはめて雰囲気を確認しましょう。
例)C△7 D-7 E-7 G-7
この曲の進行ではV-7のあとにIに戻ってIV△7に行きますがバラード系の曲は
この進行はよくあります。

クリシェライン 
D D#dim E-7
これはE-7に向かう進行の途中でパッシングディミニッシュとして機能してます。
これも良く聞くことのできるラインです。
コード進行を細かくするとき(次回別の方法を書きます)に有効ですが使いすぎは注意が必要です。
かっこ悪くなりますw僕の好みですが。
このように1部分で使うことにより威力を発揮します。セツナ系進行と勝手に呼んでますが、
以前頻繁に耳にするラインですが最近またよく使われるようになってきました。
ひょっとしたらバラードのリクエストが多いのも関係してるかもしれませんね。

例)ひまわりの約束
C D♭dim D-

トニックからの1度7th
と書きましたがこの後のIVコードへ行く進行も非常に良く聞きます。

例)C C7 F
このラインはメチャ相性が良いとされていてサビへの突入感を演出したりできます。
是非参考にして自身の楽曲、作曲ライフに彩りを与えて下さい。

プロフィール

AMR

Author:AMR
青森県弘前市にあるギター教室です。初心者から上級者まで幅広く丁寧に教えます。ブログではクラスの近況やレッスンの内容など、幅広く紹介していきたいと思います。個人の音楽趣向もあわせて書いていきますので、どうぞお付き合いください。

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ackie music research

弘前市にあるギター教室

カテゴリ別記事一覧