FC2ブログ

報告〜からの〜  色々

一部の方は知ってると思うのですが、先日オランダのプラグインメーカーのLennarDigitalのコンペ最終選考まで残り、ファイナリストとしての連絡がありました。結果は昨日現地時間で確認では残念ながら落選してしまったようですが、世界中のプロアマ問わず人気メーカのコンペとあって話題性もかなりあったわけですが、ファイナリストまで行けたのは嬉しい驚きでもありました。その報告をライブ終了後に生徒やバンド仲間,東京にいる今もお世話になってる人たちと共有し喜んでもらえたことが何より嬉しかったです。もちろん入賞は狙ってたわけですが、なんかもっと大事なことに気がついた気がします。その場でも言ったことをこの場でも文にしたいと思います。僕は年齢的には、どちらかというと生徒さんや仲間内でも年上という立場であるケースが多いのですが、年齢を理由に諦めたり我慢するって事を考えてません。むしろ次は何をしようかということを常に考えてます。事実新しいこと初めての体験事を毎年更新してます。新しい可能性を探るためです。畑違いな資格を取ったりもそうですし、もってるスキルのレベルをあげたり、自分自身のアップデートを行なってます。これは何も大きな高い目標を掲示してそれに向かう事だけを言うのではなく、もっと小さい日常の小さなゴールをアップデートを繰り返して行い気がつくと1年後は大きな成長を垣間見れるからです。
いわゆる自分の成長のため新しい事を始めることは自分の可能性に投資するようなものです。ですので
色んな新しいことにチャレンジする皆さんを全力で支持しますし、これから新社会人になる方夢や目標に向かって頑張る方、年齢は関係無く臆さずチャレンジをどんどんしてほしいと思います。今年はいろんな出会いがあり、それに付随して人をつなぐ年であったように思えます。僕的には漢字1文字は「令」ではなく「繋」ですねw
何故かいろんな相談を受けるようになりましたが、僕からのエールです。
オッサンも色々頑張ってるから皆はもっとできるはず!新しい殻どんどん破いて新しい自分に会ってください。
僕も来年もさらなる飛躍を目指して頑張ろうと思います。

先日12/14のAMR christmas LIVE2019はおかげさまで盛況で色々な方がおいでくださり、ありがとうございました。
みなさん楽しく演奏しており前回の発表会でデビューした生徒たちもものすごくレベルを上げて演奏してくれました。
本人たちより僕のほうが嬉しかったと思います。写真が今回まだできてないのでゆっくりあげようと思います。
IMG_0773.jpg

年内はイベントは僕の方では終わりましたがまだ関連イベントとして、AMR青森支部長こと、りょうくんのイベントが
12/23に行われます。こちらのイベントも激アツなはずなので是非おいで下さい。場所はBears青森になります。
EL85sAcU8AAAtRB.jpg

それでは今回も行ってみましょう。
今回のライブで最後セッションということで「sunny」をやったんですが、このV7(E7)からのIm(A-7)では
HMP5、オルタードを多用しました。V7ということもありコンディミも使えるんですが、ソロ回しが1コーラス
と短いので(人数の関係で)上記2種を主に使用で。でもコンディミはメジャー、マイナー両方のキーで機能する便利なスケールですので、今度機会があったら縛りでやりたいと思います。練習では自前でつくったフレーズを練習してたんですが、当日司会やらなんやらで飛びましたwとりあえずfigureです。実際ここで使う人あまりいないかもしれません が至極短いパッセージ挟むと結構かっこいいんです。
Econdimi.jpg
弾いたフレーズ
SUNNY V
この後1弦の8フレットAm(Im)の短3度Cに落としてペンタ弾くってことをしたような気がします。
ともあれこの曲は色々実験できて楽しい曲ですのでみなさんもどうぞ!

それでは!

10月中旬に入りました。

最近めっきり寒くなってきましたがいかがお過ごしでしょうか?
先日岩木山の山道をドライブ中紅葉が進んでおりました。寒暖差激しいですからね。
車中いろんな自然が織り成す景色が見事だったもんで途中パシャリ。
雲なんか神々しさすら感じられるほど綺麗でした。


IMG_0476.jpg
IMG_0475.jpg
IMG_0477.jpg

さて弘前戻ってから毎年この時期は新規の生徒さんが増える時期でもあります。学園祭で会ったり、バンドやってる人はライブが増えたりと、駆け込みでいろんな相談やレッスンを行っておるのですが、ピンポイントでソロアドリブ系のアイディアを紹介。いつものやつ行きますw
今日はmixolydian♭6
mixob6.png

読んで字のごとくミクソリディアンンの6番目を♭6にします。CならA♭
C D E F G A♭ B♭てことです。すごい後半マイナーな響きを持つこのスケール。
オシャンティに決めるのならここで使いましょう。
メロディックマイナー・スケール・パーフェクト5thビロウまたはヒンズースケール(HINDU scale)

メロディックマイナーの5番目のスケールです。3度と♭7があるのでドミナント系で使え
何ともエスニックでリエンタルな感じですね。しかし♭6があるので暗くもあります。
ディグリー名で並べると以下のとおり

I7 IIm7(b5) IIIm7(b5) IVmM7 Vm7 bVIM7(#5) bVII7

C7 Dm7(b5) Em7(b5) FmM7 Gm7 A♭M7(#5) B♭7 
てことになります。主に7(#5)のときなど使えます。
例えばこんなのどうでしょ?

C7 A♭aug   B♭7  G-

90年代の西海岸系ガールズhiphopの雰囲気ありますね。偶然ですがw
Cmixolydian♭6これ一発でいけます。  
おためしあれ!



秋の夜長に鈴虫と

仕事始めでおこなった最初の曲の採譜をしてましたが、非常に良い進行があったのでメモです。最近ではシティポップが再び注目され、今回のレコードショップで見てきた山下達郎さんのレコードなどもとても高価でした。今その流れをくむ新生のバンドも非常に増えてきて、良質な楽曲にオシャレなコード進行など、ギタリストなら是非に押さえておきたいなと思いまして紹介したい思います。
つい先日楽曲の流れを組む上でサビ(Cセクション)に向かうBセクションの重要さという話で盛り上がったのですが、
まさにその典型というべき進行です。
F E-7  D-7  E7 A-
F E-7  F-  G
サビ
F~と流れます。
III7 VI-
ノンダイアトニックのE7(III7)に関してはA-へ(VI-)の流れはよく聞く流れです。
ギタリストがソロ弾くのであればEHMP5(Eハーモニックマイナーパーフェクト5thビロー)
EHMP5.png
なんかおすすめ。これって結局Aハーモニックマイナーとおなじ並びです。
この場合VI-であるA-へのつなぎを自然に演出できます。

ほんで2断目のF-はサブドミマイナーからのドミナント、セツナ系進行と言われるやつです。
これも多くの楽曲で聞けます。これを例えばさらに切なくするには短3度転調するとグッときます。
転調してII V化するやり方
F E-7  F-  Gときてこの時点ではキーCで動いてE♭メージャーB♭7
F E-7  F-  B♭7〜
    ↑     
    ここでE♭転調してII V化 
E♭▲7 F- 7 G- 7 A♭▲7 B♭7 C-7  D−7- ♭5
何ともキュン進行です。たくさんあるのでこれもあれも出てくると思いますが、
楽曲制作の参考にどうぞ!
秋の夜長に泣かせ進行でした。
それでは!

AMR東京後半戦!

今回のAMR東京も大詰め残りラスト一日となりました。少し遅い夏休みをとせっかく東京でとるのであれば、4月開催が出来なかったので会える生徒や人を限りなくスケジュールに押し込みました。毎日が充実した日々で、後半は少し体力的にきつい部分はありましたがそれでも仕事なのを忘れるほど没頭し充実した1週間でもありました。明日はいよいよ最終日、あとは事務的な手続きをのこし帰路に向かおうと思います。25日に弘前着きます。こちらで滞在中、多くの友人が僕の提案に協力賛同してくれ、いろんなアイディアをいただきました。弘前(青森)と東京ひょっとしたら海外でさらに色々な面白いことを提案できるようになるかもしれません。実現したらいいな〜。
というわけで26日より通常レッスンです。お申込み、お待ちしております。

最後に時間の無い中あってくださった方本当にありがとうごいざいました。
「沿線と空」
IMG_0371.jpg
「明治通り雲」
IMG_0370.jpg
明日は1日ほとんど渋谷にいます。もし近く寄ったりしたらお声掛け下さい!w


AMR東京前半戦!

今日早くも3日目です。こちらの生徒も明日からいよいよ本番なプランニングです。頑張ります。
さて怒涛のように過ぎてますが、不思議なものでこっちにいると今度弘前の生徒さんのことを考えてしまう始末。
なんともはやです。仕事中毒スケジュール確認必須です。
twitterの方にはぼちぼちつぶやいてるんで、時系列は軽くわかると思うんですが、着いた初日から雨だったりで大変でした。でもたっぷり用意してた名刺が後数枚になってしまった。増刷せねば。
前半今日まではバタバタしてますが極端な移動もそんなに多くなく全然こなせてます。ただこっちにいる方がとにかくよく歩きます。日頃の運動不足解消には一役買ってます。移動は電車ですしね。ホテルは浅草橋ですので結構都内アクセスも便利です。しかもホテル安い!

今回旅先で使えるモバイル作曲ツールに触れようと思います。
いつもだとラップトップとオーディオインターフェースを持ち歩きその場でレックしたりするんですが正直重いので最近は外での使用ソフトウェアをfinaleに変え直接入力していく方法、音声入力はしない方向です。これはアウトライン下書きを作る際に結構重宝してます。最近歌詞も同時に書いてくので。
IMG_0311.jpg


そしてさらにミニマムなツールとしてiphone版FLmobileが活躍。
IMG_0340.png

もともとPC版を長く使っていたため、シンクして使ってますが、ワンソリューションでOKなほど便利です。他にもこの手のソフトはたくさんあって有料版を結構お布施したのですが、慣れてるだけあってこれが一番使いやすいです。
今回の最大の失敗はiphone用のワイアレスイアフォンを忘れたことでプレイバックをそのままダイレクトに聞くことになってしまったことです。有線イヤホンだけはありますがご存知のように廃止されてるので接続はできません。
せっかくの移動時間もこれでは無理です。今回の失敗1です。
でもまあダンス系のトラック作理には重宝します。シンセの音も結構入っておりさらに追加購入することも可能。
バージョンが上がってからは以前よりグリッドがかなり見やすくなりました。
おすすめしたいアプリです。

さて間も無く今回の東京AMRも残すところもあと2日、大詰めです。日程を延長することにしました。25の弘前戻りとなり舞す。よろしくお願いいたします。

プロフィール

AMR

Author:AMR
青森県弘前市にあるギター教室です。初心者から上級者まで幅広く丁寧に教えます。ブログではクラスの近況やレッスンの内容など、幅広く紹介していきたいと思います。個人の音楽趣向もあわせて書いていきますので、どうぞお付き合いください。

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ackie music research

弘前市にあるギター教室

カテゴリ別記事一覧