FC2ブログ

クリスマスまであと10日あまり!というより2020年がもうすぐ終わるという事実...

おはようございます。昨日曲の一つが片付いたので、今日から別のに取り掛かろうと思います。
しっかり今朝は雪ですね。この時期去年と2年前はもう雪が積もってたここ弘前ですが、今年は少し遅く、そして大雪の予想なので、少しげんなりです。でもこの寒いおかげで日本酒がうまい季節とも言えます。昨日は仕事のあと、いつもの一番館で田酒飲んでいい気分で帰ってきました。美味しかったです。しかも帰り際、華一風までいただきましていつも本当にありがとうございます。

IMG_2706.jpg

そういえば最近は制作で篭りがちでしたのでこれと言って派手な動きはないのですが、気分変えにまだ行ったことがなかったので深浦の大銀杏を見に行ってきました。全然先月の話ですけどw。夜がオススメとは聞いていたのですが、安全策をとって昼間移動で。この前日雪が降って3号で帰ってきたんですが、山間部で凍った路面でヒヤヒヤでした。
IMG_2647.jpg

そして先日友達のライブを見に生徒連れて五所川原行ったついでにラーメン街道で肉中華 高橋のラーメン食べました。
見た目よりあっさり目で美味しかったです。早く一蘭来ないかな...。
肝心のライブは世代もあってTOTOの楽曲を楽しく拝見しました。いいですねやっぱ大きい音は!
IMG_2698.jpg


今ツイッターで少し話題になっているこの曲知ってますか?
NiziUさんのStep and a stepですが今月頭リリースしたこの曲の15秒付近にでてくるんですが
|C D |E- G|C D |E- |の進行で最後のE-の箇所で
Fナチュラルで押し目で歌っています。この曲のキーはGメジャーです。少しザワついてる部分に触れようと思います。
Gメジャーは以下のようになります。隣の小節にE-のコードに今回話題になっているメロのノートを表すとこのようになります。ピアノの方はそのままで、ギターの方はオーソドックスなE-のコードに(♭2)Fノートを乗せて弾いてみましょう。
例えば1弦1フレットの音など。

Gmajor.png

最初聞いた時「ん?」と思って違和感があったんですが、2度見ならぬ2度聞きしてやっぱり「んんっ!?」
自分が疲れてたのかと思いましたが拾ったらやっぱりE-に対して歌ってるノートはFであり、こういうものなんだなーと思ってたところ同じ話題をされてた作曲家の方々のリプライを多く見受けました。
たくさんの色々な意見を述べられてて自分自身も非常に勉強になりました。中にはこのコード進行にはまるように
メロディを変えて歌う方までいておもしろかったです。
今回はGキーに対してのF♮はブルーノート(♭3 ♭5 ♭7)の音であり
メロディの解釈としてはスパイス的ですがハーモニーに対して不協和音を生むこととなり多くの作家さんからの賛否があった模様です。

回避方法はいくつかあると思うのですが歌メロを生かしたまま進行をC D G7(I7)にするのをすぐ思いつきましたがこの部分は意図があって計算されたものであり、曲のフックとして音楽は自由であるべきという肯定派と、楽曲的にこの部分は違和感があり他の進行回避をするべきでは?との否定派の意見も多いです。個人的には冒頭に書いたように気付きが違和感だったので、こういういろんな意見に触れることができてラッキーと思いました。
J.Y. Parkさんはきっと日本でのこのトピックにニンマリしてるでしょうね。
それでは今回はこの辺で!

11月紅葉狩🍁したいけれども、わざわざ遠くまで行かなくても弘前公園で十分w

IMG_2598.jpg

というわけで11月もいよいよ中盤ですね。今日はすごい天気も良くて気持ち良い朝でした。
写真は今日の空なんですがあまりにも気持ちよかったんでパシャリ!
外の空気触れるの大事スネ。
IMG_2610.jpg

最近のルーティンとしては誕生会で食べたホールケーキ1/4でこしらえた増えすぎた体重をなんとか
落とすべくなるべく歩くようにしてます😅案の定3キロほど増えていたので出荷される前に減量します。
生徒にドナドナ合唱されるのは避けたいところ... 。

まずその誕生会を開いていただき誠にありがとうございました。
このコロナ中ですので、ごく一部の人にだけお伝えしたのにもかかわらず、ぞろぞろとお集まりいただき思っても見ませんでしたので大変うれしかったです。
IMG_2579.jpg

先月度は24日のイベントが中止になったことによって、ぽっかり穴が空いたのですがその穴を埋めるように今猛烈に練習しています。加えて新規生徒さんも増えているのでfinale フル稼働です。
昨年のちょうどクリスマス前12月中旬にはクリスマスイベントを行っておりましたがまさか今年はコロナの影響でここまでひどい状況になるとは思ってもみませんでした。とにかく沈みがちな気分になりがちですが前向きに次のイベントができるよう虎視眈々と待ちたいと思います。




さて今日のリックですが前回前々回とブルースに特化したチップスを用意いたしましたが思いのほか好評なので今回もまた続けてやろうと思います。
第1回目は基礎的な12小節のブルース進行で2回目が1コーラス終盤のターンラウンドの練習でした。

今日用意したのがいよいよギターソロ?になるわけですけども、一旦落ち着いてw
まずは基本的なラインを初心者向けに小出ししていきます。
KEY IN A Blues 1 chorus ver2 - Score

今回は過去に弾いたラインを起してみました。シンプルですが構造が読み取れるのではと思っています。
一つのモチーフを流用して弾く効果的なラインです。
まずAのブルースということで前回のコード進行をおさらいしましょう。
IコードA
IVコードD
VコードE

そして1小節目の3連のフレーズが最終小節と被ってるとお考えください。
リピート位置がずれてました。すみません😅オーソドックスな12小節ブルースです。
そうしてこのモチーフのフレーズの繰り返しをしながらターンラウンドに向かいます。
まずはシンプルなフレーズで取り回ししながらどのようなハーモザイズになってるか確認すると良いと思います。
同じフレーズなのにはまって聞こえるのもブルースの面白いところです。
理由は過去ブログに掲載されておりますので今回は割愛します。まずは楽しんでもらうことを優先で!

それではまた!

10月ですね💦はやい!!

もう10月ですね。1年があっという間で息つく暇がないほどです。今年もあと2ヶ月てことになります。
なんやかんや今年はコロナがあったせいで思うように動けなかったりもあったんですが、影響が全くなかったわけではなくそれでも細々と、こうして続けられてるのも生徒の皆さんのおかげと感じております。しかも皆格段に上手くなってる。レギュラーのルーティンで週1の生徒も月1の生徒も同様に垣間見れます。素晴らしいです。
さてそんな中AMRは5月で3周年を迎えたわけですが、昨年より練ってたライブハウスでのアニバーサリーイベント(県外含め)軒並み頓挫してしまい、イベント自体の開催を練り直すこととなり試験的に8月にやった岩木山総合公園での野外ライブを再度10/24に敢行いたします。昨年9/1にやった内容と一緒で初心者、主に最近ギターを始めた生徒さんを中心に構成されるイベントで好評いただいておりました。今回も状況を鑑みてマスク着用とし、場所は広いので十分なSDは保てます。是非ご友人やら家族を連れて遊びに来ませんか?そしてうちの生徒達の勇姿を見届けけましょう。
AMR recital2020
前回の「同主調転調」はいかがだったでしょか?簡単なコード進行でも効果があるので是非お試しください。
今日は初心者必見!誰でも楽しめるブルースやります。ざっくりkeyAで4人編成のアンサンブルを想定したものをカリキュラムから抜粋してきました。最後の1もしくは2小節でTurnaround(ターンアラウンド)と呼ばれるIコード(この場合A7曲冒頭)に戻るためのフレーズや簡単なソロぽいのもあるのですがまず曲の骨格的な部分を理解していただいて楽しんでみましょう。
BASIC 12bar blues ensemble - Score
いわゆる12bar (12小節)bluesと呼ばれるスタイルですが、すぐに楽しめますので是非トライしてください。
まずこの曲の注意点としては左上の演奏指示にあるようにリズムをシャッフルで
タータタータタータタータ例のやつですね。
そしてギター2ですがコードチャートを見ていただきながら同じ形でフレットがずれるだけですのでこっちの方が雰囲気が良いかなと、あと押さえるのも簡単ですので!
ギター3はTABですので分かりにくいかもしれませんが2伯目裏の8分のあとタイでつながっており、
そのあと2分音符です。下記参考下さい。
ウン ター ラー ラー ~ ウン タ ラ ラー ~ ていうリズムです
リズム8分音符で表す
1    2  3  4      5678
ウン   ター ラー ラー    ~~~~
(8分休)(8分)(8分)(8分)(2分)~
足のビート(向き)
↓    ↑  ↓  ↑    ↓↑↓↑
伝わるでしょうか?w
ギター4はベースラインです。シンプルなラインで運指も同じですので軸指(人差し指)だけ気をつけて移動してください。
いつも毎年この時期は「秋の夜長シリーズ」と題して曲を紹介してます。クリスマスまでしばらくやってみますね。
それでは寒くなってきましたが皆様体調管理にお気をつけてお過ごしくださいませ。

夏休みはどうでしたか?

今年の夏休みはおかげさまで1月のトータルのレッスン時間が過去最高を記録しまして、コロナの中、家でできることや趣味に没頭する方が増えたようです。DTM市場も非常ににぎわっているらしく以前の職場のスタッフに聞いたところ、むしろこの期間前年対比で120%超えてるそうです。配信系バブルとでも言うんですかね。
今年はやっと夏らしいことができまして野外でのイベンントも行いました。非常にに楽しかったです。早いものでお盆も過ぎた今、涼しくなってくるはずですが、まだクーラー必須ですね。熱中症にご用心ください。
IMG_2063.jpg


さて今日は以前「椎名林檎進行」がまあまあ反応よかったので、今日は米津さんの代表曲「lemon」にフォーカスを当てようと思います。今日のお題は「同主調転調」についてです。普段何気なく聞いてる楽曲も作者の細かいギミックが散りばめられてさりげなくカッコ良いことをしておるものです。そこでこの曲のエモさに触れたいと思います。

「同主調転調」は読んで字のごとく同じ調への転調を意味し、例えばCメジャーからC マイナー、C マイナーからCメジャーのように動きます。
この曲レモンの場合、この同主調転調が出てくるポイントとして最後の大サビ前で以下のような箇所があります。
G#マイナーからのA♭メジャー(調合読み)となります。ここがエモポイントwです。
そしてこの同主調に対して共通項があり、その役割をするのはドミナントVです。
この曲の場合D#7,E♭7がそれに当たります。転調直前の拍にこれを入れることでスムーズに転調したことを
気づかないくらいに自然に演出できます。この手法多くの楽曲でも確認することができます。

ギターで弾く場合以前も書いた記事のように指板上のペンタトニックフォーム(短3度)
でチェクするとわかりやすいです。
例)6弦4フレットG#を人差し指(G#マイナー)→小指(A♭メジャー)異名同音なので混乱する方は
G#マイナー→G#メジャーと解釈してください。

自身の楽曲のアクセントに一ついかがでしょうか?
コロナに負けず楽曲制作!皆で音楽楽しみましょう。それでわ!


8月です。早いですね。

去年の8月度はヨークカルチャーのイベントだったり、あねっこでのイベントだったり慌ただしく過ごさせてもらってました。さて今年はさすがに自粛ムードではありますが、できることをコツコツとやっていくしかないので、日々時間を無駄にしないよう丁寧に生きようと思います。
 新規での申し込みの中ではPCでの作曲制作を希望される方も増えてきました。ご自身のオリジナルなどもいろいろなご提案しつつ形にしていきます。現在も新しい曲の制作をしておりますが、レッスンと制作の方を両方シームレスに行えますので是非お問い合わせくださいませ。

さて今日は久しぶりアナライズいこうと思います。ところであまり普段TVを見ないんですが、唯一楽しみにしてるのがアナザースカイwと関ジャムですw特に関ジャムに関してはいつも豪華なゲスト陣営で紙面でしか表現できないニッチな内容も非常にわかりやすく解説されてます。以前まではサンレコやDTMマガジンの信者ではないですが、相当読み漁ってました。自身の楽曲に実装する際の実験的なアプローチもさすがTVなのでめっちゃ細かいところは割愛し置いといて、ためになる内容が多いので是非ご覧ください。

では早速行ってみましょう。
今日は「椎名林檎進行」に触れたいと思います。
この進行別名Just The Two of Us進行とも呼ばれプログレッションは以下のようになります。
原曲キーはCm平行調でE♭だった気が...

IVM7 III7 VIm7 I7
KeyCにしてます。
FM7 E7 Am7 C7 

なんともおしゃれですよね。 

keyCのブロックは
CM7 D-7 E-7 FM7 G7 A-7  B-7♭5
III7 と I7がありますが基本Cmペンタでいけます。
他にもブルーススケールで弾くとおしゃれですしおそらく一番多いのではないかと思います。
人と一緒はやだって方はFM7でFllydian
例えばE7 Am7のところをドミナントモーションしてるのでEhmp5、Eオルタードで弾いてCオルタードClydian7
で弾くというのも偏屈ですがはまります、いかんせん忙しくなるのでゆっくり練習してみましょう。
曲のテンポの半分くらいからスタートがオススメです。
それでは今日はこの辺で!


プロフィール

AMR

Author:AMR
青森県弘前市にあるギター教室です。初心者から上級者まで幅広く丁寧に教えます。ブログではクラスの近況やレッスンの内容など、幅広く紹介していきたいと思います。個人の音楽趣向もあわせて書いていきますので、どうぞお付き合いください。

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ackie music research

弘前市にあるギター教室

カテゴリ別記事一覧