FC2ブログ

秋の夜長に鈴虫と

仕事始めでおこなった最初の曲の採譜をしてましたが、非常に良い進行があったのでメモです。最近ではシティポップが再び注目され、今回のレコードショップで見てきた山下達郎さんのレコードなどもとても高価でした。今その流れをくむ新生のバンドも非常に増えてきて、良質な楽曲にオシャレなコード進行など、ギタリストなら是非に押さえておきたいなと思いまして紹介したい思います。
つい先日楽曲の流れを組む上でサビ(Cセクション)に向かうBセクションの重要さという話で盛り上がったのですが、
まさにその典型というべき進行です。
F E-7  D-7  E7 A-
F E-7  F-  G
サビ
F~と流れます。
III7 VI-
ノンダイアトニックのE7(III7)に関してはA-へ(VI-)の流れはよく聞く流れです。
ギタリストがソロ弾くのであればEHMP5(Eハーモニックマイナーパーフェクト5thビロー)
EHMP5.png
なんかおすすめ。これって結局Aハーモニックマイナーとおなじ並びです。
この場合VI-であるA-へのつなぎを自然に演出できます。

ほんで2断目のF-はサブドミマイナーからのドミナント、セツナ系進行と言われるやつです。
これも多くの楽曲で聞けます。これを例えばさらに切なくするには短3度転調するとグッときます。
転調してII V化するやり方
F E-7  F-  Gときてこの時点ではキーCで動いてE♭メージャーB♭7
F E-7  F-  B♭7〜
    ↑     
    ここでE♭転調してII V化 
E♭▲7 F- 7 G- 7 A♭▲7 B♭7 C-7  D−7- ♭5
何ともキュン進行です。たくさんあるのでこれもあれも出てくると思いますが、
楽曲制作の参考にどうぞ!
秋の夜長に泣かせ進行でした。
それでは!
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

AMR

Author:AMR
青森県弘前市にあるギター教室です。初心者から上級者まで幅広く丁寧に教えます。ブログではクラスの近況やレッスンの内容など、幅広く紹介していきたいと思います。個人の音楽趣向もあわせて書いていきますので、どうぞお付き合いください。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ackie music research

弘前市にあるギター教室

カテゴリ別記事一覧